平凡な人生

2017年10月13日

いい友達だから

いつまでも礼を言わない友達はとても容易ではありません!」友達の間で、おそらく「ありがとう」の一言は1件の事朝駆けの駄賃;赤子の手を捻る、甚だしきに至っては簡単な脱口で言え。でも、本当にできるもちろんありがとうの一言で、ところが1種の境界だ。本当の友達は一生言えない「謝謝」の字、彼らの間の感情や友情がない「謝」の字で、少し見劣りがする、逆にもっと貴重。

言わない謝字、この友達の気持ちが含まれた1部の濃い親心;言わない謝字、この友達の気持ちが一層質素な自然。私達がたくさん必要のあいさつの後舎てない、お互いに現れるのは自然で真純さんの友情は、偽装、偽りはない、あるのは心に近いとコミュニケーション;言わない謝字、ではなく、心の冷たいのではなく、表現と報いが別の1種の形式は、空洞の放棄許諾を、本物の友情を大切に胸の奥で、内面化は一種の力を構築し、本当の友情のビル。自分たちで考え、すべての友人の中で、また何人が一生言えない謝字の友達?人込みは茫茫、世事は変転。私たちはますます現実に直面したとき、探して1位は謝字の友達、またどんな艱難。もしあなたは1人がただ1人の友達に感謝することを持っていないでください、あなたはしっかり大切にして下さい。

あなたは知っていて、この友情はお金で買えないで、時間を回、その誠実な友情は心と心との絡みがあなたの一生の財産。あなたが払ってから、いつも友達に感謝することはありません。千遍、一万遍の感謝、上の理解のある目にはならないかもしれない!私が持っているのはもちろん少なくともご感謝の友達のため、私は感謝し、国際もこのハードウォンのよしみ!

http://en.calameo.com/read/0052814948d76b712a1e5

http://spora.jp/sec/diary/596221  
タグ :友情


Posted by michale at 15:27Comments(0)友達

2017年10月07日

春は暗い

時は安好、歳月は穏やかで。深い春、歩き優しさの足音、捩れる腰肢に奥へ、ゆっくり時間。雨、止まないで、春の女の子に咲くようにしてきらきらして透明な涙の涙があるようです。春、色とりどりの花、生気に満ちて、鉄砲玉の帆を掛ける、春雨の中に、まるで1株の清新にやさしいタッチ。愛、二人は互いに、まるで春雨恋春風に、形影相従う、約纏ふわふわして天涯。

愛は春が長ける?闌けるには、相思眠れない、春の花の秋月に過ごしていきの年回り。春雨、恋情バインド。独り酔唐風宋雨里感じで、詩の境地の春。あなたは来ない、私はどうして去って行くのか。相思は探して、双璧まで白頭。愛君、春には春の花のように春の雨のように。きめ細かい、あなたは私が春雨になり、少しずつ、朦朧とし、私の年回りになった。

私たちの約束春、聞いて春風ぴいぴい、聞いて春雨はずな、うららかな春の光、賞春の花は美しい。私は江南の霧雨煙雨にいる中で、あなたが好きに来て。一生の中で、最も美しい愛情が春、春の奥に愛して、あなたは私に歩いてきて、番傘をさして、ハイヒールを踏んで、白い服の悲しみと恨みは、雨の中を彷徨って。雨が降りしきる、霧の色は広々として、ぼんやり、僕には見えたよあなたを连れて懐で色っぽい神韻。

春に、あの雨が私の心の浮き草、あなたを待って、自分に淡い水墨画には、春が長ける?闌けるに約束して一生の情縁。春の味、あなたは身の味を持って、淡いジャスミンの香りは、歳月の家柄を歩いて、1部の痴缠ロック、ロックのロックについて、1部の微笑、ロックのロックし、1部の清ロック好き、1部の期待、ロックの心田の酔わせる恋。

春雨が綿綿、あなたはこの世界を探していたあの華奢少女。あなたはそのうつむいた優しさ、私がなくて、私恋慕の闇の黒褌、私にあなたのあでやかに酔う。山水、ぼんやりしている、あなたは小雨の中でゆっくりと歩いてきたのに、私の世界、私の風景を釘付けにする、私の命。魂の奥で、私はすでにあなたを私の知己をとして、私の知心爱人、私のロマンチック。

春の中に、私はあなたに出会った優しさ溢れる;春の中に、私はあなたに出会った感動させるのだ;春の中に、私はあなたに出会った美しい。もしあなたは春のジャスミンを放つ酔わせる香り;もしあなたは春のツツジ、燃えているピンクの気配がする。もしあなたは春のユリが漂う淡い香り;もしあなたは春のチューリップ、起伏している色とりどりの色;もしあなたを春のカイドウ、魅惑の清香;もしあなたは春のキクの花は、咲く打ち上げ花火。

http://lasernzh.bling.fr/2017/octobre/04/112947/optimization-of-tooling-for-laser-welding.html

http://community.wikia.com/wiki/User_blog:Michale123/Optimization_of_Tooling_for_Laser_Welding

http://blog.aujourdhui.com/michale/2515731/optimization-of-tooling-for-laser-welding.html  
タグ :シーズン


Posted by michale at 15:20Comments(0)生活

2017年10月02日

楽観的な人にして

人生は本当に情義、高い時は濃い賎に薄くありません;本当に誠実と信用、富に重くはない貧しい時は軽くない;本当に温厚で、風にいけない逆に知らない;本当直升降時に狂集めない;本当に涵養、面に急がない心で緩;本当に善良で、の時は制限しない取る時に不忍;本当に幸せ、祝日は平日は小;本当に祈り、言葉は長い意味短くない;本当に感情、貧賎富貴を見捨てない。

実は、人生は自分に代えて、自分を含め、あなたの苦労、時間、感情、ひいては生命;あなたには何もない時、あなたを失って淡看しかない;人生、この舎の気前のいくつか、引き止められないでいくつかのものを平然とは尋常ではなく、損得の間に戸惑い、才能洒脱に生活して、心が自由に呼吸して、心の自由は最大の楽しみ!

人生のこの本、あなたも、いやであれ、書かないと、非読んでないと、それはそれで非、いけないものが、人生の道の上でたくさんのでこぼこで、もしあなたの選択に直面して、あなたは成功しました;もしあなたを回避、それではあなたは失败した;人生の道で、あなたはマスターを大切にし、すべての美しいので、あなたがいったん失ったとき、あなたは遅かりし由良之助。

人生は知正見とは、私たちを助けることができ決着苦しみ悩みの知識を見るという見識を調整に従って、自分が世界や、人生の態度と行動の方式で、狭いから、硬直、矛盾で広々として、優しくて、調和するまでは、己を自、他人や仏子、助けテトラパック仏子、痛みから安らぎまで、輪廻から脱出。

人生、私達のすべての人はすべて自分の見方が明らかでないというか、いつもはっきりしない。実はこれは、誰かが何も言葉の本当の人生をはっきり言ってだから、みんな人生への認識がすべて異なって、すべて自分の焦点は、自然界でこの複雑な環境の中で、私達のすべての人はすべて自分の人生の中でもがいて書く。

人生はただ一度の旅行で、あなたは私を通って、私は一人ではっきり知っている自分の役割と位置を知って、まるで自分の顔のように。自分のキャラクターを、やっとできない身分、地位と勘違いしては人生のすべて;自分の位置は傍若無人にこそ、あるいは。

人生は控えめに升華、控えめな人を担いで、千鈞なら一羽、万物を携えてならばマイクロミリ、懐天下をささげ持って芥;「思無邪意無狂、行無乾燥し、眉の波がない、吐纳恒常;控えめな人、一生像をお茶は沸の水心は静の;一几、ポット、幽居、淺いつぐ遅い品、視浮世はでな霧が散る。

http://michale.noramba.net/e276931.html

http://explicitty.com/blogs/1311/13003/the-development-of-led-chip-technology

http://myfcircle.com/blogs/post/11821  
タグ :楽観的


Posted by michale at 16:05Comments(0)人生

2017年09月21日

レーザ技術の開発動向と応用動向

Laser technology as a core of industrial manufacturing driving force, itself is constantly moving forward. To sum up, the high power laser is toward the "faster, higher, better, shorter" in the four directions.

Laser power is getting higher and higher, the average power has more than 10 million watts. In 2013, the first commercial 100,000-watt fiber laser was installed at the NADEX Center in Nagoya, Japan for the welding of 300mm thick steel plates. Laser cutting applications are also toward a higher power development, laser cutting machine power continues to rise, has reached 8 ~ 12kW.

The beam quality of the laser output is getting better and better, and the beam quality of the fiber laser has reached a single mode of 100,000 watts. In the past year, fiber lasers, disc lasers, direct semiconductor lasers have a significant increase in brightness.

The output wavelength of the blue laser pointer covers a shorter band, and the short wavelength laser has been widely used. Many advanced manufacturing processes require cold processing, such as in the manufacture of smart phones, often need to use short wavelength, short pulse UV laser to deal with. Short wavelength lasers have been widely used in surface marking, semiconductor wafer processing, drilling, cutting and other fields.

The pulse speed of the laser is getting faster and faster, and the ultrafast laser has been developed rapidly. It has been driven into industrial applications by means of simpler structure, more convenient operation, lower cost and more stable performance.

With the enhancement of environmental awareness, a variety of environmental cleaning technology came into being, laser cleaning technology is one of them. Laser cleaning using high-energy red laser pointer beam and the workpiece surface to remove the material interaction, the occurrence of instantaneous evaporation or stripping, without a variety of chemical cleaning agents, green pollution. Can be used to remove paint, oil, oxide, cleaning screw, rust, cleaning weld. Laser cleaning in the microelectronics, construction, nuclear power plants, automobile manufacturing, medical care, cultural relics protection, steel rust and mold decontamination, automobile manufacturing, construction and other fields have a huge market space.

Metal 3D printing is also made of the material, usually using a selective laser cladding (SLM) technology, the use of laser energy to melt the layers of metal powder, and finally made the desired shape. In 2016, SLM system sales of more than 1000, which uses the laser source is mainly fiber laser, disc laser / CO2 laser and femtosecond fiber laser, power range of 30W to 1kW or more. 3D printing of the fine degree is also getting higher and higher, print out the fine structure of the resolution has reached the order of microns.

The next five years, the market will grow steadily, and the main driver of market growth comes from unmanned aerial vehicles, autopilot vehicles, robots, military and security. Part of the green laser pointers lighting market is car laser lighting, mainly car headlights. BMW, Audi and other well-known car manufacturers have adopted a laser lighting system. Another part of the market is safe laser lighting, such as the night environment for people riding a warning sign.  
タグ :職業


Posted by michale at 19:57Comments(0)技術

2017年09月15日

故郷の麦畑

車が高速道路を走って、車窓の麦の畑に限りなく広大な海洋の日光の下で緑の波のうねり。故郷の麦畑が思い出させてくれた。

晩秋の時、1台台のトラクターをピカピカ锋锐のすきの刃を故郷の大地。大地は新鮮で湿った土を露出し、土の中に土の雄渾を瀰漫。人々が持っている鉄馬鍬忙しい整地して畝で、そして木質の昔の種まき車を播洒土地に麦粒。麦の大地に放送して入り、まるで母の懐に入った。それらは土の中でそっと芽吹い、ばんばん土を突き抜けてあける地面、淺い緑の体。人々を眺めて田垄に立っ靑々とした麦の苗は、小柄で可愛い子供たちを眺めて、それらはすくすくと育って、それらを待ち望んで早く出穂注入、生え豊健碩の麦の穂。

麦の苗は二十四節気昼夜止まらない運転に一寸一寸に成長している。大自然のペアが自慢の仕事時間の線はそれらになった毛布紡織緑に覆われて遠い墓穴埌の平原、飾っている蕭条、寒いの村。昼間は淡い日差しが雨露みたいに沐浴ている。それらは風の中で陽気に舞う繊細な腰肢。夜に着いて、大自然のペアが自慢の仕事で寒霜織り成す厚い布団を麦の苗の身で、それらを眠らせて。彼らにとって、激しいの寒さは大自然の福祉を与え、それらの強さを磨き強か気骨を出産した、それらの成熟した夢も。

時間の足音で小寒と大寒を乗り越え、立春の季節になる。春は麦畑に力と希望を注ぎ込んた春。この時の麦の畑のようにスマートな若者は、春に照らされて満ち満ちている生気。春風が吹いてきて、ムギの穂波平原にさかまくような少年たちが、大地に走っているのを呼ぶ。人々は勤勉に働か、血税に麦畑をうるおすている。麦畑は黙々として実を醸して、人々の心の望みを充実させます。

小満芒種ターンが遠のいて行った後で、急いで来た。大自然のペアが自慢の仕事用太陽の七色の光に麦ばたけめっき層の金色。このころの麦畑は豊かで美しく、新進な若者人だ。人々を眺めて旺盛沉实の麦の穂恵比寿が鯛釣りしたよう。人々は収穫麦後、麦粒入れ穀倉として、家族を養うの食糧。

麦畑は、私たちの母です。それは二十四節気の流れで生死交代で、健康、十分であるの食糧は黙って育てた。

http://lasernzh.e-monsite.com/blog/laser-wool-technology.html

http://michale.canariblogs.com/laser-wool-technology-3947473

https://iloveorange.eventsmart.com/2017/09/14/led-laser-processing-technology/  
タグ :希望


Posted by michale at 11:21Comments(0)故郷

2017年09月12日

努力を求める

殘念、人生は遺憾ながら

悲しい、人生は悲しい

愛して、短い生涯はあなた一人だけを愛していた

どうして好きなのに大声で言えない

https://www.htpow.com/laser-pointer-tag.html

どうしてへっぴり腰て

どうして優柔不断

足りない、優秀な、これらはすべて理由ではありません

愛1人が悪くて悪い私はすべて受け入れることを受け入れますか?

相手の心に住まば、死も分けられない

このように、好きな人は得られない

手に入れない

一緒に疑われている

失った懐かしい

懐かしい想いが懐かしい

http://blog.htpow.com/2017/09/08/application-analysis-of-new-generation/

会え恨晚

一生、遺憾に思って

愛すると同時に、大切にすることを知っている。

私たち、もっと勇敢に

http://blog.htpow.com/2017/09/08/advantages-of-uv-lasers/  
タグ :進歩


Posted by michale at 19:07Comments(0)人生

2017年09月05日

幸せ、価値がある

人々、何のために生きている? どんなことが生きている必要がありますか? あるいは、彼が本当に生きていることを証明するために痕跡を残す必要がありますか? これらの疑念私は自分自身に明確かつ正確な答えを与えることはできません、または与えられた事実に答えることはできませんが、私は見ていない、理解していない?

時には私は "人々"が過去の人生、人生、そして未来の世代を持たないことを望んでいますか? もし私が本当に存在していたら、私は誰ですか? 後で私は誰になるのだろうか? これらのコンバージョンの間にはリンクがありますか? または原因の最後の世代は、この熊の果実にはないでしょうか? これが当てはまる場合、私は自分の努力を倍増させなければならない、より良いもの、もっと次の人生を笑顔にさせ、涙は少なく、より多くの喜び、あまり心配しない、 ...

私はずっと信じて幸せの定義は多種多様で、それぞれ独立した個体も独特の思想と魂が、個々のはいつも自分の希望の道で、この道は人生も幸せ。熱愛中の人だけでも気に愛する人と一緒に幸福;奮闘すると自分の努力によって夢を掴むのは幸せだと思って、病気がちの人の体の健康は幸せ…。.どんな答えが、実はこれも幸せに。幸せだからは算数の問題は、それは標準的な解答、おまえが心の中にある、それはあなたの幸せの定義は、鴻毛よりも軽い或いは泰山より重くの分。

違う人は違う時期には、勝手な答えが出てくる。私は信じて幸せオーラの可視物だけではなくて、更に多くのは心から源を発して、あなたの心は楽しい感じがドキドキしてた時が本当の幸せ!かどうかはわかりませんが、私と同じ人がこんな感じ:時には独りぼっちで、身の回りのいる人もなく、しかしは全く感じない孤独を感じ、また楽しみであるにもかかわらず、逆に時に大量の親友で自分の身の回りに伴う、場面はとてもにぎやかで、しかしは心から感じ孤単のように、心の中に埋めていた貴重なものだが、今は全面的に傾いて、がらんとして、赤裸々。ある人は理解できないかもしれないどんな意味で、またあるいはだろうと思う人がいるのはむだだけど、これは私が経験した実感。実は私もわからないこの感覚はいったい何を意味して、どんな意味で、このような感じを維持できるだけで数秒の時間が、私が覚えてるこういう感覚がの時私の心が言い表せないと慌てて、戸惑う。

私には理解できないこれは1種のどんな感じて、同じくどうして知らないがこの奇妙な現象ですが、別の角度と、これは人生の成長の1種の意味。時には自分に注意して、ときに、現実的な生活の中であなたの楽しみを持って、楽しい時を覚えていて、今の楽しいかもしれない必然と永久で、私達は大切にすることにわかって、ときには現実生活のあなたが孤独な時、心の声をあなたに教えます:あなたは孤独で、このときの私たちは笑って人生に対して、積極的に生活して、一心に体得にあれらの嬉しいことや大切な人、自分に教えてどのみち嵐の後には凪がくるの時。

幸福実はとても簡単で、多すぎる贅沢物質が必要ではありません。もしかすると時には乗って二つの車輪の自転車が静かな小道に沿ってずっと行くと、たまに両側の風景を、風が吹く時、大きく息を吸い込んで、ゆっくり吐いて、自分自身に笑って、自分に1つの良い気持ち。

私は信じて、すべて幸せになることができて、それは価値があるため!

http://lasernzh.hatenablog.com/entry/2017/09/01/161752

http://socialnetwork.netblogger.de/analysis-on-investment-strategy-of-laser-processing/

http://ulog.u.nosv.org/item/lasernzh/1504250398  
タグ :幸せ


Posted by michale at 11:33Comments(0)生活

2017年08月23日

少し勇気を持って、少し時間に時間を

迷いで臆病な心理、またためらった感情を体現する。出会って、知り合いになって、知り合って、この短い時間も早くあなたに出会って、私はやはり縁運命ですか?

あなたは大胆に、私は臆病で弱い。

あなたを率直に言う、私は躊躇縺れ。

あなたは、私はとぼけとして、私はとぼけとしても。

実はずっと輸出が言えなくて、あなたと一緒に本当にとても楽しいです。しかし私があげられるのはこんなに多くて。私は私自身の小さな黒屋であっても、あなたは努力して私と出てきて、私もとても努力したに出たいです。しかし黒外の世界は復雑すぎて、人と人の間の信頼は、ごまのように、多くの小さい細い、忘れやすい。

はい、私はあなたに対して信じません。

はい、私はあなたが好きです。

はい、私も一度勇敢にしたいです。

惜しいこと、これらも心の中で考えて、私は勇気がなくて、輸出することができません。

どうやら私は毎日1件の事はずっとあなたのを外へ押す君の情熱はすぐ私をつぶしてかもしれないでしょう!ある日あなたは自分で自分の中でを思って、ある人は根本的にあなたのこのように値しません!

私自身は容易に打動されたいの人、毎日考えても比較的に多くて、あなたはしばらく興って私の世界に入ってくる、また手を振る挥就離れた人もない。

はい、私は感動されていることはありません。

まだ時間が必要なのに、あなたは待ってないと思いますか。

私は強いかもなどで疲れたら、勇敢な時、私また狂う愛に一度、せめてもう少しの傷あと、もう一つの人生版の正面教育でしょう。  
タグ :愛人


Posted by michale at 12:03Comments(0)愛情

2017年08月21日

霧雨に伴う風、今夜も涼しい

人生は1度の長旅で、四季の変化に伴う一のある風景をいつも旅多彩。

悩ましげな奴はまた来て、あなたは聞いて、窓の外の芽が吹く風の新入生を持って、ちょい春をかすめて鼻;あなたは見て、土の蟻推進清涼の石をつづり合わせて、淡いさわやかだ瞳、ほら、あの蜂も弱音を吐かない、蜜かごを持って、香りでうろうろして、本当に知らないどちらが彼女の目標。

昨夜の行方は山の林で、眉あおむけに天の川が長い。

http://www.nostre.com/blogs/post/40143

泉は足を殘てささやき、風は薄く草はベッドだ。

真夜中の山で、意外にもいびきを、一日の道を急いで、確かに疲れていて、彼の鼻が眠れ。

ある人に私の夢の中でごたごたを起こして、私を連れて行って月牙湖水遊び、私は意外にもも自分のことを忘れては金づちで湖の中に入って、感じ体に力が入りません。、背後に濡れて。

http://blog.htpow.com/2017/08/18/what-is-the-maximum-power-needed-for-laser-pointing/

もがいているのが目を開けて、再び山間、当初は密雨が、足元の水も漫背中にかけて、あわてて隠れて木の下で、雨粒はもっと大きくて、しかもこのようにその他瘋へ骨ドリルを抱えて、上着山下へ駆けて、探して一昨日宿泊の世帯。道が滑る、土はまばらで、潜入の痛み私は無数の転倒し、避難所を見て、また窓の外で、昨日の風に、どのように今日はこんなに非情で、昨日の蟻、蝶もなくなった姿は、家の中に隠れますでしょう、この風はやめてほしい刺着筋骨。

山の天気は本当に人を急いで、もう一方の端を探しに行く神秘、この山を越えて、しかしこれは風雨はどのように変化してこんなに速く。

を密雨に伴う風、あまり冷酷で、春のは涼しいはず。

http://michale.ti-da.net/e9797794.html

http://michale.naganoblog.jp/e2145376.html  
タグ :


Posted by michale at 12:39Comments(0)人生

2017年08月16日

夏の終わり物語は

立秋時びっくり落ち葉、処暑漸退秋葉蔵、秋は一雨ごとに涼、蝉の声が稀蛐声远、飛かさなる影花が散り殘香は初秋は夏の終わりに近く、黄葉揺れる秋。

一曲アブラゼミの悲しみ、だんだんだんだん遠いの傷は、一葉黄葉の飄々として、知秋が近づくに尽くし、夕の間に、季節の交代、初秋のばらばらなしとしと小雨、夏の暑さを追い払うの耐え難いと上調子で、以前の考え事はまだ迷っている夏バテの苦しみの中に向かい合って、はにかんで、ひっそりとの間で、目の前にもう一派秋の風景、秋の絵巻物、秋の趣、秋のイメージを、秋の味。

午後の暑さは短いが、初秋朝晩涼しさも遮れないが流れ込み、秋、を持って、真夏の成熟した重厚、果物と野菜の豊かな、静かに来て、秋はから、落ち葉が黄、目のさざ波、靑空と白い雲の中で、淡く微かな風になったのは、秋晴れで、1度の秋雨1度の寒の順序を交代させて、貧しい襲来、秋がだんだん濃くて、どこが秋の水墨絵、自然の美しさはギャラリー、美しさ、眼下。

夏の熱い、殘暑の最後の暴れ、さらさらない押し戻す綿の秋はようやく重い腰をあげても、心につれて初秋の涼しさがちくちくと、夏の暑さを下の心落ち着かない、静かにいくらかと秋の期待、たいこの気持ちを整理するうちに、やる気がない、一夏を感じて珍しい暑い真夏の情緒は、普段の心、それらの言葉のかけらで無形の連想記憶の奥に行行が、自分の生活を楽しみに、あくせくし、生活のために頑張っている行為にいくつかの豊かな色彩を洋洋洒洒と文字の思い出を生活の中で、すべての繁雑雑用、トスの遠くに、すべての悪い、風向き次第で、自分と1回の心境風土の対話。

浅秋、していつも伴っ真夏はもうだんだん豊かな風に舞う落葉はひっそりとして、真夏の炙り焼き足踏みが付きまとって、そよ風の中でついでに熱量の気配が広がって、人の世のすみずみに、秋にはもう間に合わないのを待って、朝晩の涼しい風がそよそよと吹く、1筋の貧しい、雨露のうるおいを交えてこの山、緑のいたるところで巡視キク、そんななぎ倒すすべて夏酷暑の勢いは、かすかにのが植物の軽吟哀歌い切って。

どう、秋の記憶は気持ちだけでなく、多くのはあの詩情。この時、秋風とともに快適、春先の枝を見て抽出したが、夏の洗礼を彩る、秋の、静かな風に揺れている、切れが婆あなたの少し黄色の秋葉、優柔舎の舞い散り、落ち葉が一ジオウ、感傷的な心の深い所、かどうかを発して:これは歳月の世の変転、つかの間の感慨も、風の非情で、木は引き留めない悲しみ。同じ光景、同じ秋色堤防や川の上に、広大な緑、秋の水面、零細舞い降りた22008黄葉、水泊清冽、満月の照らす蓮池の秋、蛙に、ヤナギの倒影、物思い于碧云日、黄葉、一葉舟、秋色さえみえ、波に寒烟翠、山に斜陽の日次の水、芳香ある草無情にも、斜陽無限好のすばらしい境地。詩の境地の中で、絵画秋景写意突然に映る私の脳裏の中で、静かで、心も多く、しばらくも忘れてしまった人の世の悩みや瑣事につきまとう、初秋の中のタバコ华风云、こんな気持ちが、矛盾、起伏させて、人の潜在意識の中に夢中のを感じた。

一年中、秋は美しいだけでなく、は物寂しくて、更に収獲と希望、私は感じて、秋の景色は四季の中で最も美しい、最も成熟し、最も風韻。時々、とも言う歩いの旅行は、見に行く道は自然の風景、いくつかの幼なじみ、親友は約束して、憧れを持って、道を西への自然の美しさの営みを見に行き、夏の九賽溝特有の天然の美しさは、水の神韻、水の魂が生み出した美しい絵巻回廊、酔うた途中の風景は、心は喜び、もう1度の秋を期待したいの甘南自然美、秋の九寨溝、海子に染まって紅葉黄葉は山野濃い藍色湖水は詩や絵のように、私た風が、静かな湖面雲層のさざ波、秋に九寨溝はこのようにで、まるで仙境あなた、私の憧れ、秋の美しさに、思い出しても私心に酔いしれ、それに酔って、山、水、あの木は、どんなに私のあこがれの神秘的な境地。

初秋の朝、朝の露と嫁で歩いて郊外での山間の小道、道路に伴うコスモスの香り、空気にまじって五穀成熟のすがすがしい香り、豊作の匂いは空気中に充満。それは至る所黄色野菊、風に揺れて、露に濡れたし、足の甲、ズボン、気分も合わせて金色の人民と一緒に共鳴し、朝朝日、共有この生命の中で、小型ながら、旺盛な生命力を持っている。あの林間の数が絶えず耳鸣く、初秋はもう、あの道を知らない間に無数の草花は満ちあふれて活力を、も、生命に対して1種の敬慕して、人の世人の心と秋の空少し理解も、自然に任せることで自分を困らせて、少なくなった少し感傷愁い。

山頂の上に、頭を眺めている、あの靑い空の落ち着いた、水のように、初秋のあさひはそんなにまばゆくて、静かに柔らかで、だらしない、草花林の中で、色んな鳥が追いかけ、はしゃぐ松林。

初秋の夕方、西日、七変化の彩雲、赤、オレンジ、黄、緑、靑、靑や紫、このカラフルな色を染め、夕焼けに秋の輝きが、長年の変幻、舞い上がった激動して、夕焼け雲、未練、空想、夕日のような血林枫歌って、晩に、ひばり帰林、数鳴き、目を覚ましてあなたの思い、ふと気づいた夕陽無限、美しくする必要がなく、轻叹憂うつ、季節の交代が、季節季節のとは違って、風景は依然としてこんなにすばらしい。

秋はこのようにして、少しの陶酔を持って、あなた携着何分哀婉畏敬、秋の繁華より人に、その秋のだらけののち、秋の暖かく、秋のロマンチック、秋の豊かな、秋の熱烈な、秋の激情にもそのような人の気持ちが縦横に、感情の起伏を。まさにこの景の美緻し、色彩絢爛になって、やっとた秋のあの深い未練と称賛を一瞬忘れ夢中すぎて、すべての賛辞たいだけで、最も簡単な詩情、描いてゆく秋の美しい目に浮かぶの境地を描く。

一箋本音で、茶の香り、思い出が書いて秋の味が、逝水つかの間、往事と乾杯して、平板で、いい喜、かまわない悲しみは、1部の良い心理状態が一つ、優しく、静謐で、秋の香りの中で、書いて悟って、暖かい微笑に中で、秋韵を楽しむ秋の景の中でゆっくりとした時間の中で、人生を悟って過去の悲喜こもごも。  
タグ :


Posted by michale at 15:07Comments(0)シーズン