平凡な人生 › シーズン › 夏の終わり物語は

2017年08月16日

夏の終わり物語は

立秋時びっくり落ち葉、処暑漸退秋葉蔵、秋は一雨ごとに涼、蝉の声が稀蛐声远、飛かさなる影花が散り殘香は初秋は夏の終わりに近く、黄葉揺れる秋。

一曲アブラゼミの悲しみ、だんだんだんだん遠いの傷は、一葉黄葉の飄々として、知秋が近づくに尽くし、夕の間に、季節の交代、初秋のばらばらなしとしと小雨、夏の暑さを追い払うの耐え難いと上調子で、以前の考え事はまだ迷っている夏バテの苦しみの中に向かい合って、はにかんで、ひっそりとの間で、目の前にもう一派秋の風景、秋の絵巻物、秋の趣、秋のイメージを、秋の味。

午後の暑さは短いが、初秋朝晩涼しさも遮れないが流れ込み、秋、を持って、真夏の成熟した重厚、果物と野菜の豊かな、静かに来て、秋はから、落ち葉が黄、目のさざ波、靑空と白い雲の中で、淡く微かな風になったのは、秋晴れで、1度の秋雨1度の寒の順序を交代させて、貧しい襲来、秋がだんだん濃くて、どこが秋の水墨絵、自然の美しさはギャラリー、美しさ、眼下。

夏の熱い、殘暑の最後の暴れ、さらさらない押し戻す綿の秋はようやく重い腰をあげても、心につれて初秋の涼しさがちくちくと、夏の暑さを下の心落ち着かない、静かにいくらかと秋の期待、たいこの気持ちを整理するうちに、やる気がない、一夏を感じて珍しい暑い真夏の情緒は、普段の心、それらの言葉のかけらで無形の連想記憶の奥に行行が、自分の生活を楽しみに、あくせくし、生活のために頑張っている行為にいくつかの豊かな色彩を洋洋洒洒と文字の思い出を生活の中で、すべての繁雑雑用、トスの遠くに、すべての悪い、風向き次第で、自分と1回の心境風土の対話。

浅秋、していつも伴っ真夏はもうだんだん豊かな風に舞う落葉はひっそりとして、真夏の炙り焼き足踏みが付きまとって、そよ風の中でついでに熱量の気配が広がって、人の世のすみずみに、秋にはもう間に合わないのを待って、朝晩の涼しい風がそよそよと吹く、1筋の貧しい、雨露のうるおいを交えてこの山、緑のいたるところで巡視キク、そんななぎ倒すすべて夏酷暑の勢いは、かすかにのが植物の軽吟哀歌い切って。

どう、秋の記憶は気持ちだけでなく、多くのはあの詩情。この時、秋風とともに快適、春先の枝を見て抽出したが、夏の洗礼を彩る、秋の、静かな風に揺れている、切れが婆あなたの少し黄色の秋葉、優柔舎の舞い散り、落ち葉が一ジオウ、感傷的な心の深い所、かどうかを発して:これは歳月の世の変転、つかの間の感慨も、風の非情で、木は引き留めない悲しみ。同じ光景、同じ秋色堤防や川の上に、広大な緑、秋の水面、零細舞い降りた22008黄葉、水泊清冽、満月の照らす蓮池の秋、蛙に、ヤナギの倒影、物思い于碧云日、黄葉、一葉舟、秋色さえみえ、波に寒烟翠、山に斜陽の日次の水、芳香ある草無情にも、斜陽無限好のすばらしい境地。詩の境地の中で、絵画秋景写意突然に映る私の脳裏の中で、静かで、心も多く、しばらくも忘れてしまった人の世の悩みや瑣事につきまとう、初秋の中のタバコ华风云、こんな気持ちが、矛盾、起伏させて、人の潜在意識の中に夢中のを感じた。

一年中、秋は美しいだけでなく、は物寂しくて、更に収獲と希望、私は感じて、秋の景色は四季の中で最も美しい、最も成熟し、最も風韻。時々、とも言う歩いの旅行は、見に行く道は自然の風景、いくつかの幼なじみ、親友は約束して、憧れを持って、道を西への自然の美しさの営みを見に行き、夏の九賽溝特有の天然の美しさは、水の神韻、水の魂が生み出した美しい絵巻回廊、酔うた途中の風景は、心は喜び、もう1度の秋を期待したいの甘南自然美、秋の九寨溝、海子に染まって紅葉黄葉は山野濃い藍色湖水は詩や絵のように、私た風が、静かな湖面雲層のさざ波、秋に九寨溝はこのようにで、まるで仙境あなた、私の憧れ、秋の美しさに、思い出しても私心に酔いしれ、それに酔って、山、水、あの木は、どんなに私のあこがれの神秘的な境地。

初秋の朝、朝の露と嫁で歩いて郊外での山間の小道、道路に伴うコスモスの香り、空気にまじって五穀成熟のすがすがしい香り、豊作の匂いは空気中に充満。それは至る所黄色野菊、風に揺れて、露に濡れたし、足の甲、ズボン、気分も合わせて金色の人民と一緒に共鳴し、朝朝日、共有この生命の中で、小型ながら、旺盛な生命力を持っている。あの林間の数が絶えず耳鸣く、初秋はもう、あの道を知らない間に無数の草花は満ちあふれて活力を、も、生命に対して1種の敬慕して、人の世人の心と秋の空少し理解も、自然に任せることで自分を困らせて、少なくなった少し感傷愁い。

山頂の上に、頭を眺めている、あの靑い空の落ち着いた、水のように、初秋のあさひはそんなにまばゆくて、静かに柔らかで、だらしない、草花林の中で、色んな鳥が追いかけ、はしゃぐ松林。

初秋の夕方、西日、七変化の彩雲、赤、オレンジ、黄、緑、靑、靑や紫、このカラフルな色を染め、夕焼けに秋の輝きが、長年の変幻、舞い上がった激動して、夕焼け雲、未練、空想、夕日のような血林枫歌って、晩に、ひばり帰林、数鳴き、目を覚ましてあなたの思い、ふと気づいた夕陽無限、美しくする必要がなく、轻叹憂うつ、季節の交代が、季節季節のとは違って、風景は依然としてこんなにすばらしい。

秋はこのようにして、少しの陶酔を持って、あなた携着何分哀婉畏敬、秋の繁華より人に、その秋のだらけののち、秋の暖かく、秋のロマンチック、秋の豊かな、秋の熱烈な、秋の激情にもそのような人の気持ちが縦横に、感情の起伏を。まさにこの景の美緻し、色彩絢爛になって、やっとた秋のあの深い未練と称賛を一瞬忘れ夢中すぎて、すべての賛辞たいだけで、最も簡単な詩情、描いてゆく秋の美しい目に浮かぶの境地を描く。

一箋本音で、茶の香り、思い出が書いて秋の味が、逝水つかの間、往事と乾杯して、平板で、いい喜、かまわない悲しみは、1部の良い心理状態が一つ、優しく、静謐で、秋の香りの中で、書いて悟って、暖かい微笑に中で、秋韵を楽しむ秋の景の中でゆっくりとした時間の中で、人生を悟って過去の悲喜こもごも。


タグ :


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。