平凡な人生 › 人生 › 霧雨に伴う風、今夜も涼しい

2017年08月21日

霧雨に伴う風、今夜も涼しい

人生は1度の長旅で、四季の変化に伴う一のある風景をいつも旅多彩。

悩ましげな奴はまた来て、あなたは聞いて、窓の外の芽が吹く風の新入生を持って、ちょい春をかすめて鼻;あなたは見て、土の蟻推進清涼の石をつづり合わせて、淡いさわやかだ瞳、ほら、あの蜂も弱音を吐かない、蜜かごを持って、香りでうろうろして、本当に知らないどちらが彼女の目標。

昨夜の行方は山の林で、眉あおむけに天の川が長い。

http://www.nostre.com/blogs/post/40143

泉は足を殘てささやき、風は薄く草はベッドだ。

真夜中の山で、意外にもいびきを、一日の道を急いで、確かに疲れていて、彼の鼻が眠れ。

ある人に私の夢の中でごたごたを起こして、私を連れて行って月牙湖水遊び、私は意外にもも自分のことを忘れては金づちで湖の中に入って、感じ体に力が入りません。、背後に濡れて。

http://blog.htpow.com/2017/08/18/what-is-the-maximum-power-needed-for-laser-pointing/

もがいているのが目を開けて、再び山間、当初は密雨が、足元の水も漫背中にかけて、あわてて隠れて木の下で、雨粒はもっと大きくて、しかもこのようにその他瘋へ骨ドリルを抱えて、上着山下へ駆けて、探して一昨日宿泊の世帯。道が滑る、土はまばらで、潜入の痛み私は無数の転倒し、避難所を見て、また窓の外で、昨日の風に、どのように今日はこんなに非情で、昨日の蟻、蝶もなくなった姿は、家の中に隠れますでしょう、この風はやめてほしい刺着筋骨。

山の天気は本当に人を急いで、もう一方の端を探しに行く神秘、この山を越えて、しかしこれは風雨はどのように変化してこんなに速く。

を密雨に伴う風、あまり冷酷で、春のは涼しいはず。

http://michale.ti-da.net/e9797794.html

http://michale.naganoblog.jp/e2145376.html


タグ :

同じカテゴリー(人生)の記事
 人生が満たされていない場合 (2017-12-19 15:55)
 楽観的な人にして (2017-10-02 16:05)
 努力を求める (2017-09-12 19:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。