平凡な人生 › 故郷 › 故郷の麦畑

2017年09月15日

故郷の麦畑

車が高速道路を走って、車窓の麦の畑に限りなく広大な海洋の日光の下で緑の波のうねり。故郷の麦畑が思い出させてくれた。

晩秋の時、1台台のトラクターをピカピカ锋锐のすきの刃を故郷の大地。大地は新鮮で湿った土を露出し、土の中に土の雄渾を瀰漫。人々が持っている鉄馬鍬忙しい整地して畝で、そして木質の昔の種まき車を播洒土地に麦粒。麦の大地に放送して入り、まるで母の懐に入った。それらは土の中でそっと芽吹い、ばんばん土を突き抜けてあける地面、淺い緑の体。人々を眺めて田垄に立っ靑々とした麦の苗は、小柄で可愛い子供たちを眺めて、それらはすくすくと育って、それらを待ち望んで早く出穂注入、生え豊健碩の麦の穂。

麦の苗は二十四節気昼夜止まらない運転に一寸一寸に成長している。大自然のペアが自慢の仕事時間の線はそれらになった毛布紡織緑に覆われて遠い墓穴埌の平原、飾っている蕭条、寒いの村。昼間は淡い日差しが雨露みたいに沐浴ている。それらは風の中で陽気に舞う繊細な腰肢。夜に着いて、大自然のペアが自慢の仕事で寒霜織り成す厚い布団を麦の苗の身で、それらを眠らせて。彼らにとって、激しいの寒さは大自然の福祉を与え、それらの強さを磨き強か気骨を出産した、それらの成熟した夢も。

時間の足音で小寒と大寒を乗り越え、立春の季節になる。春は麦畑に力と希望を注ぎ込んた春。この時の麦の畑のようにスマートな若者は、春に照らされて満ち満ちている生気。春風が吹いてきて、ムギの穂波平原にさかまくような少年たちが、大地に走っているのを呼ぶ。人々は勤勉に働か、血税に麦畑をうるおすている。麦畑は黙々として実を醸して、人々の心の望みを充実させます。

小満芒種ターンが遠のいて行った後で、急いで来た。大自然のペアが自慢の仕事用太陽の七色の光に麦ばたけめっき層の金色。このころの麦畑は豊かで美しく、新進な若者人だ。人々を眺めて旺盛沉实の麦の穂恵比寿が鯛釣りしたよう。人々は収穫麦後、麦粒入れ穀倉として、家族を養うの食糧。

麦畑は、私たちの母です。それは二十四節気の流れで生死交代で、健康、十分であるの食糧は黙って育てた。

http://lasernzh.e-monsite.com/blog/laser-wool-technology.html

http://michale.canariblogs.com/laser-wool-technology-3947473

https://iloveorange.eventsmart.com/2017/09/14/led-laser-processing-technology/


タグ :希望


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。